乳腺炎で悪寒からの発熱!病院の母乳外来での治療内容

乳腺炎で悪寒からの発熱!病院の母乳外来での治療内容

こんにちは、ぴよです^^3

母乳で育てるなら乳腺炎に気をつけなきゃね〜、なんて友達に言われていたのですが気づけばしっかりとなっていました・・・

もう二度となりたくないのですが、実際なってみなければわからないこともあったので症状や病院でどのようなことをするのかご紹介したいと思います。

乳腺炎の原因と症状

母乳を作り出す乳腺が詰まるとそこで炎症が起きて熱を持ち、しこりができてしまいます。

高熱が出て、おっぱいに触れるたびに激痛が走りおっぱいはガチガチに硬くなってしまうのです。

 

乳腺が詰まる原因としては

・母乳の吸い残し

・授乳間隔が空きすぎ

・同じ方向からしか授乳していない

などがあるようです。

異変は始まっていた

私の場合、赤ちゃんが生まれたての頃はあまり母乳が出なかっため求められれば30分起きでも授乳を頑張っていました。

ある程度自分でも出ているな〜と感じるようになった時くらいから、ある異変を感じるように。

 

吸い始めがめちゃめちゃ痛い!激痛!

でも授乳ってこんなもんなのかとしばらく我慢していました。

赤ちゃんはかわいいが授乳が怖くなっていきましたがやはり母乳で育てたい!

極力ミルクは与えないようにしていました。

 

激痛が走るようになってから多分2、3日後、朝起きると胸全体が熱っぽく胸の奥に響くような痛みが走りました。

不規則な感覚で心臓を突き刺されるような痛みです。

しこりもあるような感じで、自分なりに胸全体を揉みほぐすようにマッサージしました。

これがのちに助産師さんに注意されることとなります。

 

胸の異変を感じつつも家事をこなしていましたが、午前中に発熱し授乳も激痛で涙を流しながらしていました。

主人に赤ちゃんをお願いしついにベッドにダウン。

その日は1日寝ていました。

 

左胸の下の方は赤く熱を持っていて、まさに乳腺炎の症状だったので翌日病院へ行くことにしました。

母乳外来での治療・値段はこんな感じ

私の場合1日ですっかり良くなったのですが、実際にどんな治療をしてもらったのかご紹介いたします。

何科へ行けば良いのか

私は出産した産婦人科へ行きました。

そこでは母乳外来があったので受付で症状をお伝えしました。(本当は予約制だった^^;)

 

あとは専門の母乳マッサージである桶谷式の相談室にいくという選択もありますよね。

 

母乳外来で受付をすると、担当の助産師さんから

タオルを2枚用意するように

と言われました。

病院内の売店でフェイスタオルを2枚購入し、いざ乳腺炎とバトルです。

想像していたマッサージと違う!

母乳外来専用の小部屋へ通されました。

荷物を置いて上半身は下着も取り、用意された服に着替えます。

簡易的なベッドに寝て、詰まっているであろう左おっぱいを見てもらいます。

 

私の想像では、しこりをほぐすように胸全体を揉んでくれると思っていたのですが全く違いました。

乳首をくりくりとひたすらこする。

よく妊娠中にお風呂などでやりましょうと言われている乳首マッサージのような感じです。

 

徐々に出てくる母乳ですが、詰まっているため白っぽく勢いがなくじわぁ〜と出てくるのが特徴です。

新鮮な母乳はピュっと飛び出し少し透明っぽい白なのです。

 

乳首マッサージをしながら、乳腺に沿って撫でて流してくれました。

すると出るわ出るわ、先ほど購入したタオルがびしょびしょです。

多分詰まっていた母乳が出るとき少し響くような痛みがありましたが、乳腺炎の痛みと比べたらなんてことはありませんでした。

母乳外来は2000円でした。

乳首の炎症を抑える塗り薬と飲み薬を処方されました。

タイミングが重要!

乳腺炎かも?と感じ始めてからいつ病院などにいけばいいのか。

私も熱が出たけど1日寝れば少しはよくなるだろうと思い、始めは病院に行くつもりはありませんでした。

 

しかしたまたま乳腺炎になったその日、メールをくれた友達に何気なく乳腺炎になったっぽいと伝えると

「それは立派な乳腺炎だから私みたいになる前に病院に行ってね。」と言われたのです。

 

彼女は第二子を出産後、乳腺炎になったそうですが上の子もいてご主人は仕事なのでなかなか病院へいけなかったそうです。

しばらく搾乳などで様子を見ていたそうですが、症状は悪化していき最後は切開して中に溜まってしまった膿を出したそうです。

手術に立ち会ったご主人が失神してしまうほどの状態だったそう。

 

私も病院に行ってみると自分が思っているより悪い状態だったということがわかりました。

私の場合は赤ちゃんに吸われていた乳首が弱っていて腫れている部分があり、そこから母乳が出づらくなり詰まっていました。

そして自己流でやったマッサージは逆につまりを取りづらくしてしまっていると助産師さんに言われました。

 

ですのでインターネットの情報で正しいものもあるかとは思いますが、そのときの状況に当てはまっていなければ逆に悪化させてしまう恐れがあるので少しでもおかしいと思ったら自己判断せずに病院に行くべきだと思います。

それでなんともなければ安心できますしね^^

まとめ

塗り薬と飲み薬、冷えピタでなんとか乳腺炎を乗り切りました。(お風呂などで温めるのは控えるように言われた)

母乳外来へ行った日はものすごく母乳の出が良くなってブラジャーを外した瞬間滝のように出てきて驚きました^^;

もう二度となりたくない乳腺炎。

いっぱい赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらって、母子の絆も深めましょう♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)